コストを抑えながらメールを配信するなら

複数のメール送信を安く抑えるには

メールの配信には、二通りの料金体系があります。一つは通数課金といい、送信するメール1通あたりの料金が決められています。送信メールの回数によって月額使用料が変わります。
もう一つは、メールを送るアドレスリストの件数に応じて料金が決まっている月額固定です。こちらの方が月々の費用は変わらず、何度でもメールを送ることができるので、毎月の予算計画が立てやすくなります。メールを複数の会員などに送信する場合には月額固定がお得です。さらに企業などから数多くのメールを配信する場合は、人件費などのコストがかかってきます。この状況に対応できるのが、メール配信代行サービスであり、一度に数百万通ものメールが送信でき作業の効率化が行えます。

メール配信代行サービスで送信メールの無駄をなくす

メールの送信先によっては、迷惑メールを防止しているために届かない場合があります。このような事態にも、メール代行配信サービスは対応をしてくれます。
メールソフトなどから送信すると受信者側のプロバイダやキャリアによりブロックされる可能性がありますが、業者からの送信なら独自の配信エンジンを使用します。これによって確実に相手にメールを届けてくれるので、送信したメールが無駄にならずに安心です。送信したメールは開封率を分析したり、開封時間やクリック時間を閲覧したりも可能であり、次のサービスに繋げるための資料となります。
メール配信代行サービスは、主に飲食店などの臨時休業や新メニューの発売といった情報をお客様にいち早く届けることに役立てています。